田舎で働くプログラマーの日記


プログラマーの平凡日記(記録用)
by gpyegixezp
プロフィールを見る
画像一覧

<阿久根市長>防災無線で報道批判 電波法違反の可能性も(毎日新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(50)が5日夜と6日早朝、「私を陥れる」などとの報道批判や自身の政策を訴える録音テープを市の防災行政無線で放送した。市議らは「無線を悪用し、選挙演説しているようなものだ」と批判。電波の目的外使用を禁じた電波法に違反する可能性もあり、総務省九州総合通信局(熊本市)は「情報収集中」としている。

 市関係者によると、放送は約4分20秒。竹原市長は4日朝、市総務課にテープを手渡し、放送を指示。5日は午後7時半過ぎに、6日は地区別に午前6時過ぎと同6時50分の2回に分けて流したという。

 複数の市民らによると、昨年11月に自身のブログに書いた障害者に対する差別的記述が約1カ月後に報道された問題に対し「マスコミが扇動した。私を陥れるためだ」などと批判。「今後も新聞で今までのような報道が出るだろうが、大目に見てほしい」などと述べたという。また、自身が07、08年度の市職員給与を公開したことにふれ「全国の市町村も私を見習う時が来た」などと持論を展開した。

 九州総合通信局によると、市の防災行政無線は本来、災害情報の提供が目的。市主催の公的行事など「行政情報」の広報に限り電波使用を許可している。市の規則でも「防災、行政事務及び広報」以外には使用できないと定めている。

 竹原市長は「差別的記述」の問題発覚前後から、一部民放を除き、報道各社の取材に一切応じていない。【福岡静哉】

【関連ニュース】
衆院選:民主圧勝 世界のメディアはこう報じた
イラン:言論統制続く 外国メディアにも厳しいチェック
変革〜20年前:報道で振り返る「世界」/41 89年12月12日夕刊から
変革〜20年前:報道で振り返る「世界」/37 89年12月8日夕刊から
選挙:衆院選 民主圧勝、各国メディアはこう見た

h8hy0iutの日記ブログ管理ツール
2010年サンダース軍
無料携帯ホームページ
クレジットカード現金化 即日
アフィリエイト ホームページ
[PR]
by gpyegixezp | 2010-01-12 12:24

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧